文字サイズの変更

理念・基本方針

平和会基本理念

患者様にとって、いつも優しく、誠実であること

 

基本方針

  1. 医療の質と安全の向上に努めます。
  2. 患者様の尊厳と権利を尊重します。
  3. 丁寧な説明と同意に基づく医療を実践します。
  4. 他の医療施設と連携を深めながら、地域における「かかりつけ病院」として、地域の皆様の生命と健康を守ります。
  5. 医療人としての誇りと志を持ち、研鑽に努めます。

 

平和会職員の行動基準

  1. 患者様の人権と尊厳を大切にします。
  2. 患者様・ご家族様のプライバシーを遵守します。
  3. 治療に際し、患者様に対しての「説明と同意」を重視し、積極的な情報提供に努めます。
  4. 常に研鑽し、自らの知識・技術を高め、よりよい医療を提供できるよう努めます。
  5. 互いに思いやる心を持ち、チームワーク、連携を大切にし、円滑な医療の提供に努めます。
  6. 地域社会に根差した信頼される病院をめざし、他の医療施設と連携を深めながら、地域の皆様の生命と健康を守ります。

 

「患者様の権利」宣言

平和病院は「患者様にとって、いつも優しく、誠実であること」を基本理念として病院の在り方を求めてきました。

私たちはこの理念を基に、患者様の基本的な権利を「宣言」という形で明らかにし、全職員が日々努力し、到達すべき目標とします。

  1. 個人の尊厳
    患者様は、ひとりの人間として、その人格、価値観などを尊重される権利があります。
  2. 平等で最良の医療を受ける権利
    患者様は誰でも平等に、当院で達成可能な最良の医療を受ける権利があります。
  3. インフォームドコンセントと自己決定権
    患者様はご自分の受ける医療について説明を受け、内容を理解した上で同意し、適切な医療を選択して受ける権利があります。また、当院の治療方針について他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を受ける権利があります。
  4. 情報に関する権利
    患者様は当院で行われた診療内容、検査結果などを知る権利、診療情報の開示を受ける権利があります。
  5. プライバシー保護と秘密保持の権利
    患者様は、医療を受ける上でプライバシーと個人情報保護を受ける権利があります。

 

患者様へのお願い

「患者様の権利」宣言達成に向けて、私たち平和会職員が、良質で安全かつ効率的な医療を提供するため、以下のことをご協力くださいますようお願いします。

  1. 健康に関する情報はできるだけ正確にお伝えください。積極的な医療への参加をお願いします。
  2. 治療に関することで分からないことがあった場合は、医師を始めとする医療従事者に何度でも質問してください。
  3. 医療現場では限られた職員が、数多くの患者様に、様々な医療・介護を提供しています。お待ちいただくことや、通常の社会生活にはない制約を受けることがあります。ご理解いただき、ご協力をお願いします。
  4. 他の患者様の診療に支障をきたすような行為を行わないでください。

 

患者様の安全を守るため、皆様の協力をお願いします

  1. 患者間違い防止対策にご協力ください。
    診察や注射・検査など医療行為を受ける際は、患者様からお名前(フルネーム)・生年月日を名乗っていただきます。入院中はリストバンド装着にご協力ください。
  2. 身のまわり品は患者様ご自身で管理をお願いします。
    患者様の私物はご自身で管理できる範囲のものにしてください。病院は、盗難や紛失に対して責任を負いかねます。また、職員は患者様の私物をお預かりすることはいたしません。
  3. 暴言・暴力行為を行わないでください。
    診療の妨げになる行為や、他の患者様に迷惑を掛けないでください。
  4. 病棟・病室での面会時のお願い
    面会は病棟ごとのルールを守り、職員の指示に従ってください。
    病室に出る前・出た後はアルコールで手指消毒を行ってください。
    感染症流行期はマスク着用指示や面会制限を行うことがあります。必ずご協力ください。
    体調の悪い方(発熱・風邪症状・下痢など)は、面会を希望しないようにお願いします。

 

救急受け入れ指針

「かかりつけ患者」が安心できる救急体制の整備を行う。

 

かかりつけ患者とは

  • 緩和ケア内科登録患者
  • 当院で往診対応患者
  • 化学療法継続中の患者
  • 主要疾患の治療を当院で継続して行っている患者のうち、入院対応可能な診療科患者

※当院受診歴のあるすべての患者を指すものではありません。

 

 

平和病院感染対策指針

  1. 院内感染対策の基本的な考え方
    病院基本理念に基づいた医療を全うさせるため全職員が患者様とよりよい信頼関係を構築し、医療事故防止に努め、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を目的とします。
    当院の感染対策はすべての患者が、感染症を保持しかつ罹患する危険性を併せ持つと考え対処する「スタンダードプリコーション」の観点で、エビデンスに基づいた医療行為を実践します。
  2. 感染対策のための組織及び体制に関する基本的事項
    病院における感染防止対策を総合的に企画、実施するために、幹部職員及び各部署からの構成で組織する感染対策委員会を設置し、毎月1回定例会議を行います。
    院長直下の感染症対策の知識を持った職員(ICT)が院内を巡回し、感染対策防止を推進していきます。
  3. 感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針
    職員の感染に対する意識向上を図るため、全職員を対象に年2回研修を行います。
  4. 感染症の発生状況の報告に関する基本方針
    病院内における感染症の発生状況は、感染対策委員会が把握し、院内に周知しています。
  5. 感染発症時の対応に関する基本方針
    感染症患者が発生した場合には、ICTに報告し、必要な対策を行います。「感染症患者」とは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の対象疾患や院内感染の恐れのあると判断されるものすべてをいいます。感染対策員会で院内に周知します。
  6. 患者様等に対する指針の閲覧に関する基本方針
    この指針は、患者様等に感染対策への理解と協力を得るため、院内掲示と当院ホームページに掲載を行い、積極的な閲覧の推進に努めます。
  7. 感染対策の推進のため必要な基本方針
    感染対策の推進のために、院内感染対策マニュアルを整備して、定期的な見直しと全職員への周知徹底を図ります。

 

 

平和病院 医療安全管理指針

平成19年10月26日作成
平成27年11月05日改訂
2019年05月21日改訂

  1. 基本的な考え方
    病院は患者の生命を守ることが使命であり、本来どんな些細なことであっても患者に損害(心身及び物理的損害)を与えてはならない。
    医療法人平和会平和病院(以下「当院」という)では、当院の理念に基づいた人間的医療を全うさせるため、安全な医療サービスを提供する。人間はエラーを犯すものであるということを前提に、個人とチーム全体でチェック機能を強化し、不幸にして、本来起きてはならない医療事故(ニアミス等を含む)が発生した場合は、個人の責任を追及する目的でなく、その事故の正確な情報を収集し、適正に分析し対策を講じて再発を防止することに努める。また、常に当院の安全管理体制の点検・見直しを行い、組織横断的に連携をとり、情報の共有化を図りながら医療の安全性の向上に努める。
  2. 医療安全管理体制に関して
    当院において安全・安心な医療提供体制を推進する為、組織横断的に院内の安全管理を担う、院長直属の医療安全管理室を設置する。医療安全管理者は医療安全管理室に所属し、専任として安全管理業務を行う役割を持ち、職種を問わず事故発生時の対応、安全対策の教育指導に当たる。
    また、実際にそれぞれの医療現場で事故防止の取り組みを行う体制を整備し、医療安全管理対策を総合的に、企画、実施する事を目的に医療安全管理委員会を設置する。
  3. 医療に係わる安全管理のための職員研修
    当院では、医療安全管理委員会の企画の下に、全職員を対象とする安全管理に関する研修会を年2回以上計画的に実施する。なお、職員はこの研修会を年2回以上受講し、自己研鑽するものとする。
  4. 医療事故発生時の対応に関する基本方針
    患者に何らかの事故等が発生した場合には、生命維持を最優先し、患者への影響を最小にとどめるため必要と考えられる最善の処置を講ずると共に、患者や家族に速やかに事実を説明する。医療安全管理者及び医療安全管理室が主導し、事故の事実記載、事故後の対応、患者・家族への説明や対応が適切に行えているか確認する。また、組織全体として事故原因を調査究明し、再発防止に万全の措置を講ずるものとする。
  5. 事故報告等の医療安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針
    医療に係わる安全確保のため、広くインシデント・アクシデント事例を収集し、調査・分析に基づく改善策の策定及び組織全体での取り組みを行う。また、その実施状況の評価を行う。なお、報告は本目的のため使用するものであり、報告者はこの報告により何ら不利益を受けるものではない。
  6. 情報の共有に関する基本方針
    本指針は、院内正面玄関に掲示し、広く一般に対して開示する。また患者及び家族等からの閲覧の求めがあった場合には、医療安全管理室がこれに応じるものとする。
  7. 患者からの相談対応に関する基本方針
    患者・家族からの相談に応じる体制として患者相談窓口を主体とするが、患者・家族の意向を尊重して直接相談、苦情を求めてきた場合には、各部門責任者が対応する。また、患者から寄せられた相談や苦情は各部門責任者を通して病院長及び医療安全管理室に報告され、当院の安全対策等の見直しにも活用するものとする。
  8. 医療安全管理指針やマニュアルの見直しについて
    本指針並びに医療安全対策マニュアルは、医療情勢や事故発生状況に応じて適切に見直しされ改訂を行うものとする。

医療法人 平和会 平和病院

〒230-0017
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台29-1

トップへ戻る