当センターについて
ホームページをご覧いただきありがとうございます。

昭和21年(1946年)4月に平和病院が誕生して75年となりました。歴史ある地域に根付いた平和病院は、待望の新病院と横浜脊椎脊髄病センターに生まれかわり、毎日たくさんの患者様にご来院いただいています。そしてセンター開設10年を迎える事ができました。 大切な患者様をご紹介いただいております医療機関の先生がたに心より感謝申し上げます。

脊椎脊髄疾患の治療は困難で、手術も大変難しいとの認識がございます。 患者様やご家族の皆様に安心していただける医療を考え、安全かつ最新の治療を提供してまいりたいと存じます。 患者様やご家族の皆様、さらには地域の先生がたとの連携を大切に、医療を共有しながら病気の苦痛を取り除くため努めてまいります。

外来治療、各種検査、安静・リハビリ入院、低侵襲手術から根治手術、さらには術後リハビリに至るまで「ここに来れば全てを満たす脊椎拠点病院」としてトータルな医療を提供いたします。 職員一同力を合わせ「脊椎脊髄疾患に特化した質の高いチーム医療」を提供し、患者様が笑顔で病院を後にして頂けますよう努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。
平和病院 副院長・横浜脊椎脊髄病センター  センター長 田村睦弘
 
更新情報
 
平和病院・横浜脊椎脊髄病センターの田村でございます。
「病院最前線2017(毎日新聞出版)」の専門医データーの中で、私の脊椎手術執刀件数が全国で最多であったとの報告を受けました。

手術をお受けになった患者様、患者様をお支えになったご家族の皆様、大変お疲れ様でございました。
また、大切な患者様を多くご紹介いただきました全国の病院、クリニックの先生がたへ心より御礼申し上げます。
当院に治療をお任せいただき誠にありがとうございました。

当院では脊椎外科医、内科医、外科医、麻酔科医、看護師、リハビリ、薬剤師、放射線技師、栄養士、パラメディカルスタッフがおひとりおひとりの医療を作り上げています。
皆が脊椎脊髄医療を共有し、責任を持ってそれぞれの部門で治療に取り組んでおります。この手術件数はチーム医療の結果であり、貴重な経験として受け止めたいと思います。
大切な経験をいただき、さらに安心安全で質の高い医療を提供できるようスタッフ一同努力してまいります。

今後も皆様に信頼していただける医療を提供させていただくことをお約束いたします。
今後ともご指導ご支援どうぞよろしくお願いいたします。

平和病院・横浜脊椎脊髄病センター センター長 田村 睦弘
 
 
外来のご案内
田村医師の初診(月曜午前、火曜午前)は紹介状が必要です(初診の予約は不要)。
田村医師の再診は予約制となっております。
他医師の初診、再診は午前午後問わず予約無しで受診できます。
【受付時間】(午前)8:30~11:30 (午後)1:00~4:30
診療時間
午前診 9:00~ 田村 川上 田村 加藤 加藤 野中 石井 交代制
午後診 14:00~ 野中 田村
骨粗鬆症外来
石井 野中 川上 -
休診日
日曜・祝祭日

 
手術実績・症例数
手術実績・症例数を毎月更新しています。 2年実績1年実績30年実績29年実績28年実績27年実績26年実績25年実績24年実績
腰椎除圧手術 (内視鏡手術、開窓術) 腰椎固定手術 (低侵襲固定、BKP、広範囲固定) 頚椎手術 (拡大術、前方手術、固定術) 合計
令和3年1月 21 19 5 45
令和3年2月 27 15 6 48
令和3年3月 40 20 10 70
令和3年4月 35 26 10 71
合計 123 80 31 234

 
生涯脊椎脊髄手術執刀実績
田村睦弘センター長脊椎脊髄手術執刀数(生涯執刀数)を下記表に掲載します。 毎月の手術実績はこちら
腰椎除圧手術 (内視鏡手術、開窓術) 腰椎固定手術 (低侵襲固定、BKP、広範囲固定) 頚椎手術 (拡大術、前方手術、固定術) 合計
平成7-11年
(5年間)
121 62 37 220
平成12-16年
(5年間)
331 212 81 624
平成17-21年
(5年間)
762 631 132 1,525
平成22-26年
(5年間)
1,211 593 316 2,120
平成27-令和1年
(5年間)
2,029 978 293 3,300
令和2年 325 231 80 636
合計 4,779 2,707 939 8,425
 
平和病院横浜脊椎脊髄病センターで施行している術式

当センターでは以下の術式を施行しています。下線付き緑文字の術式は、詳細ページにリンクしている術式です。

 腰椎疾患
椎間板後方切除術(Love法) 開窓術(MIS片側進入両側除圧) 椎弓切除術 腰椎後方椎体固定術(PLIF,TLIF) 腰椎後側方固定術(PLF) 破壊性脊椎関節症脊椎固定(透析DSA) 骨粗鬆症後方矯正固定・短縮術(PS0)
 頚椎疾患
頚椎後方(椎間孔)除圧術
頚椎後方固定(PS固定)
環軸関節脱臼固定術(C1-2)
頭蓋頚椎固定術(C0-2)
Chiari奇形大後頭孔減圧術
 胸椎疾患
黄色靭帯骨化切除術 後縦靭帯骨化症広範囲後方除圧固定術
 脊椎腫瘍・脊髄腫瘍
原発性脊椎腫瘍切除術 転移性脊椎腫瘍後方固定術 転移性脊椎腫瘍全摘術(TES) 硬膜内髄外腫瘍切除術(神経鞘腫,髄膜腫)
 側弯症
特発性側弯症矯正固定術 変性側弯症矯正固定術
 感染性脊椎炎
腸腰筋膿瘍掻爬術 化膿性脊椎炎椎間板掻爬生検術 化膿性脊椎炎前方掻爬固定術 結核性脊椎炎前方掻爬固定術
 外傷
脊椎損傷後方除圧固定術 脊椎損傷前方除圧固定術
 脊髄係留症候群
脊髄係留症候群終糸切離 脊髄係留症候群脊椎短縮術

ドクターコラム 2

脊椎専門病院と地元かかりつけ医の関係

「平和病院で背骨を診てもらいたいけれどどうしたらいいのでしょうか?」
こんな質問をよく頂きます。

平和病院脊椎外科・横浜脊椎脊髄病センターは鶴見区を中心とする横浜市、川崎市の医院やクリニックと密に連携をとっています。
首や腰の痛みやしびれ、神経痛でお困りの場合はまず地元のかかりつけ医の診察をお受け下さい。
なぜなら脊椎疾患は保存治療(投薬、注射、物理療法など)で改善することがほとんどだからです。
遠く当院まで足をお運びにならなくとも脊椎の病気は治ることが多いのです。
保存治療で改善が望ましくない場合は、かかりつけの先生が専門病院の受診を提案されると思います。
このタイミングが平和病院を受診するベストのタイミングです。

当院で手術をされた患者様からは「退院後は平和病院と地元の病院どちらに通院すればいいのでしょうか?」という質問をよくいただきます。
入院中の治療経過(手術記録、画像、検査データー、薬剤情報)などはご紹介元の先生へ詳細に報告しています。
術後診察や定期検査は当院へ受診いただきますが、かかりつけの先生からはお薬をもらったり、リハビリをしたりすることが可能です。
つまり「両方に通院できますので安心して下さい」という回答になります。
当院で治療の後も元気な姿でかかりつけ医を訪ねて下さい。
そうしていただくことが地域連携をさらに強化し、脊椎脊髄医療を活性化することにつながります。

平和病院脊椎外科・横浜脊椎脊髄病センター地元のかかりつけの先生がたとの地域連携を密にしながら、安心した脊椎専門治療を提供できるように努めています。
「平和病院脊椎外科・横浜脊椎脊髄病センターにかかってみたい」と言っていただいても、地元の先生に困った顔をされないような地域連携を築いています。
「どうしても地元の先生には言い出せない」という患者様におかれましては毎週水曜日、木曜日、金曜日、土曜日の脊椎外来(午前)を受診下さい。
紹介状をお持ちでなくても受診が可能です。是非お気軽にご相談いただければ幸いです。

ドクターコラム 1

脊椎脊髄の手術をすれば症状が全て改善するでしょうか?

手術の説明の際「先生!手術をすれば完全に治りますね?」と患者様からよく質問されます。
私は、たいていの場合「今よりずっとよくなると思いますよ。でも完全ではないのですよ...。」と答えます。

心の中では完全に治って頂きたいと思いつつ、脊椎・脊髄の手術の特殊性について患者様へ次のように説明を加え、理解して頂くようにしています。

脊椎(骨)・脊髄(神経)の手術は、患者様の症状と診察や画像所見より、神経を圧迫している椎間板(ヘルニア)、骨、靭帯や腫瘍などを除去し、場合によっては脊椎の安定化(固定)を行ない、神経がストレスなく機能できる環境を獲得するものです。
つまり、手術は神経そのものを治療するものではなく、神経機能の回復を助ける目的で行ないます。
従って、もし神経そのものがすでに完全に機能を失っている場合は、手術をしても改善は望めません。
その一方で、一部の機能が障害されている場合は、手術により機能回復が見込まれます。

手術によって症状がどの程度回復するかは、圧迫を取り除いた神経がどれだけ回復したかによって異なり、年齢、圧迫の程度、圧迫されていた期間が関与しています。

手術年齢が若いほど、神経の圧迫が軽いほど、症状が発現してから手術を受けるまでの期間が短いほど神経は良い回復を示します。
術前の程度にもよりますが、私の経験では平均約7割の症状が改善します。
もちろん全ての症状が改善し消失する場合もあります。

長期罹患例でもあきらめる必要はなく、私の経験では2年間全く歩くことができなかった患者様が頚椎手術の後、杖でお買い物ができるまで回復した例もありました。
痛み(神経痛)は手術後速やかに軽減しますが、しびれは改善しにくい症状で、若干症状が残る人の方が多いようです。
神経症状は手術を契機に大幅な改善を認めた後は、月単位でゆるやかに回復し、手術 後約1年までは何らかの改善がみられます。

現在では安全に安心して脊椎・脊髄の手術を受けていただく事が可能となりました。
脊椎・脊髄は専門性の極めて高 い領域でありますが、脊椎・脊髄専門医のもとであれば、”車いすまで覚悟をして手術を…”と怖がる必要はありません。
神経の高度障害例では、手術後に症状 が増悪することも考えられますが、通常行なわれる手術では車いすの心配は不要です。

大切なのは、手術を受ける患者様が自分の状態がどのくらいの状態で(重症度)、手術によりどれくらいの改善が見込まれ(改善度)、危険性はどれくらいあるか(危険度)ということを主治医からよく説明を受けることです。

私のみならず脊椎・脊髄医は自分や施設の経験や医学的観点に基づき話をいたします。
その際、わからない点や疑問点が残らぬように十分理解することが重要です。
満足のできる医療は、患者・医師間の良好な信頼関係より始まります。
遠慮なく主治医に”先生!手術をすれば完全に治りますね?”とおたずねください。

横浜脊椎脊髄病センターでは患者様おひとりおひとりに満足して頂けるような質の高い医療を目指しております。
疑問点などわからないことがございましたら遠慮なく、医師やスタッフにご相談ください。

ドクターコラム 1

脊椎脊髄の手術をすれば症状が全て改善するでしょうか?

手術の説明の際「先生!手術をすれば完全に治りますね?」と患者様からよく質問されます。
私は、たいていの場合「今よりずっとよくなると思いますよ。でも完全ではないのですよ...。」と答えます。

心の中では完全に治って頂きたいと思いつつ、脊椎・脊髄の手術の特殊性について患者様へ次のように説明を加え、理解して頂くようにしています。

脊椎(骨)・脊髄(神経)の手術は、患者様の症状と診察や画像所見より、神経を圧迫している椎間板(ヘルニア)、骨、靭帯や腫瘍などを除去し、場合によっては脊椎の安定化(固定)を行ない、神経がストレスなく機能できる環境を獲得するものです。
つまり、手術は神経そのものを治療するものではなく、神経機能の回復を助ける目的で行ないます。
従って、もし神経そのものがすでに完全に機能を失っている場合は、手術をしても改善は望めません。
その一方で、一部の機能が障害されている場合は、手術により機能回復が見込まれます。

手術によって症状がどの程度回復するかは、圧迫を取り除いた神経がどれだけ回復したかによって異なり、年齢、圧迫の程度、圧迫されていた期間が関与しています。

手術年齢が若いほど、神経の圧迫が軽いほど、症状が発現してから手術を受けるまでの期間が短いほど神経は良い回復を示します。
術前の程度にもよりますが、私の経験では平均約7割の症状が改善します。
もちろん全ての症状が改善し消失する場合もあります。

長期罹患例でもあきらめる必要はなく、私の経験では2年間全く歩くことができなかった患者様が頚椎手術の後、杖でお買い物ができるまで回復した例もありました。
痛み(神経痛)は手術後速やかに軽減しますが、しびれは改善しにくい症状で、若干症状が残る人の方が多いようです。
神経症状は手術を契機に大幅な改善を認めた後は、月単位でゆるやかに回復し、手術 後約1年までは何らかの改善がみられます。

現在では安全に安心して脊椎・脊髄の手術を受けていただく事が可能となりました。
脊椎・脊髄は専門性の極めて高 い領域でありますが、脊椎・脊髄専門医のもとであれば、”車いすまで覚悟をして手術を…”と怖がる必要はありません。
神経の高度障害例では、手術後に症状 が増悪することも考えられますが、通常行なわれる手術では車いすの心配は不要です。

大切なのは、手術を受ける患者様が自分の状態がどのくらいの状態で(重症度)、手術によりどれくらいの改善が見込まれ(改善度)、危険性はどれくらいあるか(危険度)ということを主治医からよく説明を受けることです。

私のみならず脊椎・脊髄医は自分や施設の経験や医学的観点に基づき話をいたします。
その際、わからない点や疑問点が残らぬように十分理解することが重要です。
満足のできる医療は、患者・医師間の良好な信頼関係より始まります。
遠慮なく主治医に”先生!手術をすれば完全に治りますね?”とおたずねください。

横浜脊椎脊髄病センターでは患者様おひとりおひとりに満足して頂けるような質の高い医療を目指しております。
疑問点などわからないことがございましたら遠慮なく、医師やスタッフにご相談ください。

 雑誌「壮快」に田村センター長解説による「坐骨神経痛は(楽)治せる」が掲載されました。

2019年05月26日




雑誌「壮快」に田村センター長解説による「坐骨神経痛は(楽)治せる」が特集され掲載(P156~P180)されました。

(特集記事)腰・お尻・足の痛み・しびれが消失!薬・注射が不要!
田村センター長の解説は必読の価値があります。詳しい続きは是非雑誌をご購入いただきご確認ください。

 健康/医療の無料情報誌「カルナの豆知識」に田村センター長解説による脊柱管狭窄症最新治療情報が掲載されました。

2019年03月01日





健康/医療の無料情報誌「カルナの豆知識」に田村センター長解説による脊柱管狭窄症最新治療情報が掲載されました。

(特集記事)「脊柱管狭窄症はシニアの病気~足やお尻が痛んだりしびれたら脊柱管狭窄症かも・・・?」に田村センター長解説・監修の記事が掲載されています。

 女性セブン(12月13日号)健康・医療大特集に田村センター長監修記事が掲載されました。

2018年12日月9日









女性セブン(12月13日号)健康・医療大特集に田村センター長監修記事が掲載されました。

腰をそらすと痛い、長時間歩くとつらい、足がシビレる。自宅でできる!坐骨神経痛チェック&セルフケア術。

田村センター長が監修したセルフチェック表を活用すれば、坐骨神経痛の原因となる病気が何なのか、ある程度推測できます。

掲載雑誌の健康・医療大特集がPDFでダウンロードできます。
気になる方は是非チェックしてみてください。

PDFダウンロードはこちら

 田村睦弘著書(PHPより)女性のつらい「坐骨神経痛」はこうして改善する!が出版されました。

2018年11月10日

とても訴えが多い痛みで、きっと誰もが一度は経験されるのではないかというのが腰痛ですが、その腰痛とよく一緒にされてしまうのが坐骨神経痛なのです。

腰痛は、その名前のまま腰の痛みですが、坐骨神経痛は、おしりからふくらはぎ、足先にかけての痛みやしびれのことで、病名ではなく神経痛という症状なのです。

これらの腰や脚の痛みは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎の変形や骨折がおもな原因です。症状が軽ければ、ストレッチをしたり日常生活の工夫で改善しますが、症状が続く場合は、病院を受診し、正しい診断のもと、理学療法や薬物治療を受ける必要があります。

ときとして手術治療が必要なこともあり、「いずれ治るだろう、大丈夫だろう」という自己診断は禁物です。

女性に特有の月経時や妊娠時の痛み、ストレス性の痛みも注意しなければいけません。
女性ホルモンの変化により骨粗しょう症を発症しやすく、骨の弱さによる背骨の病気も心配です。
見逃されがちなこれらの痛みについてもきちんとご理解いただけるように、説明を加えました。

書籍のご購入は下記バナー(PHP出版オンラインショップ)よりお求めください。

PHP出版オンラインショップ

 週刊朝日「首・腰のいい病院」に田村センター長の「病院選び」の取材記事と手術件数ランキングが掲載されました。

2018年11月04日



この度、10月30日発売の週刊朝日「首・腰のいい病院」に「病院選び」の取材記事と手術件数ランキングが掲載されました。

病院選びは患者様やご家族におかれましては、とても大変かつ重要な作業かと思います。

本文では、かかりつけの地元の先生のご指示やご紹介をもとに、専門病院を選択されると間違いは少ないと説明をいたしました。
また、病院ホームページをお調べいただき、病院の設備や医師の資格、手術実績、低侵襲手術施行の有無などが参考になることを説明しています。
是非、ご参考にしていただければ幸いです。

おかげさまで、地元の多くの先生のご紹介、ご支援を頂き手術や治療をさせていただいております。

今後もスタッフ一同、患者様が病気を克服し、笑顔になっていただけるよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

平和病院・横浜脊椎脊髄病センター
センター長 田村 睦弘

 田村センター長監修「完全図解 坐骨神経痛のすべて~自分で治すプログラムつき~」が発刊となりました

2018年4月1日

坐骨神経痛は、太ももから下肢にかけて頑固なしびれやつらい痛みが続き、日常生活に支障をきたします。
痛みやしびれの原因は、若い人では腰椎椎間板ヘルニア、中年から高齢者では腰部脊柱管狭窄症がおもな原因です。
症状が軽いうちは、日常生活の動作や姿勢の工夫、運動療法で改善することもあります。
病状が進んだ場合には、病院やクリニックで行う理学療法や薬物療法、あるいは手術をすることで改善が期待できます。いずれの場合も、正しい診断が適切な治療に結びつくことは言うまでもありません。

本書は、2012年に刊行した『図解でわかる坐骨神経痛』に新たな情報を加えた最新版です。
目指したのは、坐骨神経痛の原因や病態をくわしく解説し、痛みのメカニズムや治療法をわかりやく伝えることでした。
治療法については、一般的に行われている方法を中心に述べました。

この数年で大きく変わったのは、腰部脊柱管狭窄症の手術として低侵襲でおこなう前方固定術が加わったことです。
わき腹を数センチ切開するこの手術法は、まだ新しい方法でどこでも受けられるわけではありませんが、体への負担が少ない治療法として注目されています。 さらに新しい薬も登場し、痛みやしびれを効果的に解消することが可能となりました。
痛みやしびれの原因を知るためのチェックリスト、適切な薬剤を知るためのチェックリストなど、すぐに役立つ情報も加えました。
痛みが軽くなるための体操やストレッチについても掲載しました。坐骨神経痛については、この一冊があればすべて理解できるかと思います。
坐骨神経痛で治療中のかたは、いま受けている治療が適切であるか、ぜひご確認ください。

本書を読むことで、坐骨神経痛の特徴を理解したうえで納得して治療を受けられますよう、いまある痛みやしびれがよくなりますよう願っています。