医療法人平和会 平和病院|横浜脊椎脊髄病センター お電話によるお問い合わせ|045-581-2211

センターのご紹介

  • 各部門の紹介
  • MRIの紹介
  • 骨密度測定装置DCS-900FX
  • 学会発表・論文
  • 医師向けセミナー
  • メディア掲載
  • ドクターコラム
  • 手術実績・症例数
  • 地域連携施設のご紹介
  • 患者様の声

診療時間

午前 田村 田村 加藤 野中 石井 交代制
川上 加藤
午後 野中 田村 石井 野中 川上
骨粗鬆症
外来
【受付時間】午前8:30~11:30 午後1:00~4:30
【診療時間】午前9:00~ 午後2:00~
休診日日曜、祝祭日

パンフデータがダウンロードできます。

最新コラムページへ 名医のいる病院2018 田村センター長テレビ解説 田村センター長監修 坐骨神経痛のすべて 手術の様子をご覧いただけます 低侵襲腰椎固定術のイメージ動画をご覧いただけます(You Tube) メディア取材のお申込み方法 院内写真紹介

お問い合わせ

診療日・時間、手術に関するお問い合わせは、お電話でお問い合わせください。

お問い合わせ
関連リンク 平和病院

センターの目指すもの

安心で安全な脊椎脊髄医療を提供いたします

平和病院横浜脊椎脊髄病センターでは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症をはじめとするすべての脊椎脊髄疾患の専門治療をおこなっています。
外来での診察、画像検査から、投薬、注射、物理療法に加え最先端の手術、リハビリテーションを通して安心で安全な脊椎脊髄医療を提供いたします。

最先端の低侵襲脊椎手術を提供いたします

近年、手術を受ける患者様の体の負担や術後の疼痛を軽減させる目的で様々な低侵襲脊椎手術が開発されています。
平和病院横浜脊椎脊髄病センターでは内視鏡下ヘルニア摘出術(MED)、内視鏡下後方除圧術、低侵襲腰椎除圧固定術(MIS-TLIF)、低侵襲頚椎前方手術、脊椎骨折椎体形成術(BKP)、低侵襲頚椎椎弓形成術など種々の脊椎低侵襲手術を導入しております。
頑固な術後疼痛は皆無であり、早期離床、早期リハビリテーションにより入院期間が大幅に短縮します。

理想を追求し、真の脊椎脊髄治療を目指します

——— なぜ脊椎の病気をお持ちの患者様はこんなにも辛い思いをするのでしょうか
それは痛みの発生部位が脊髄、神経、骨、関節、筋肉と様々であるため診断が困難であり、一度発症したらすぐには改善せず、手術治療も極めて危険であると考えられているためです。

——— それでは脊椎手術は本当に危険なのでしょうか
脊椎手術は高い専門性と高度な技術が必要な手術でありますが、危険な手術ではありません。当然、医師にはかなりの経験が要求されますが、私ども脊椎脊髄病センター医師は患者様にとって真の価値ある医療を求め日々努力していきたいと考えております。

これからも患者様の意志を尊重し、理想の脊椎脊髄治療を実現すべく努力を続け、脊椎脊髄病センターの一層の充実を目指してまいります

センターの特長

最先端医療
神奈川東部地域、横浜地区で初めての脊椎脊髄外科に特化した
最先端医療を目指す脊椎脊髄施設です
脊椎脊髄専門施設
種々な保存的治療から低侵襲手術、難治症例に対する根治手術、リハビリテーションに至るまでのすべての治療が可能な本邦では数少ない脊椎脊髄専門施設です
おもいやり
豊富な知識と高度な技術を持った医療スタッフが患者様の治療にあたります
安全・安心
患者様およびご家族の方に脊椎治療を十分に理解して頂くため
徹底した説明(インフォームドコンセント)をおこないます
最新の情報網
近隣の開業医、地域の中核大病院との連携を密にし、情報提供を相互に行います

他院からお越しの患者様へ

当院では近隣の先生がたからのご紹介だけでなく、遠方より患者様にお越し頂くことも少なくありません。
脊椎脊髄疾患では出現する症状や治療の特殊性から、それまでにどのような診断でどのような治療をしていたかという情報が大変重要になります。

当院へおかかりの際は可能な限り情報提供書(紹介状)のご持参をお願いします。
何らかの理由で紹介状をお持ちになれない患者様には、当センターで再度検査を受けていただく事ができますのでご安心下さい。

helpBox_img
Page Top