「医の匠」医療人の目線、現場の声。 WEBメディアの取材を受けました。

2020年11月27日

【WEB冒頭文】
25歳で医師になってから約25年の間、脊椎外科を専門としてキャリアを築いてきた田村医師。国内で最も多くの脊椎手術を手掛け、脊椎外科におけるトップランナーとして走り続けてきた。「昨日の手術より、今日の手術の方が上手くできる」と語る田村医師。「患者さんにとってベストな手術をするために」という思いから、豊富な実績を持つベテランにもかかわらず、今も新しい手術を学び続けているという。確かなキャリアを築いてもさらなる高みを目指す姿勢は、医療の道を志す若者にとって、非常に参考となるはずだ。(続く)

詳しくは、「医の匠」WEBサイト